東京荏原青果株式会社

  1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 沿革

沿革HISTORY

都民の食生活の変遷が、私達の歴史。
発展は人々の暮らしとともに、人々の暮らしのために。
半世紀を越える東京荏原青果株式会社の歩み。それは、都民の生活の歴史そのものでありました。

年号 東京荏原青果の歴史 世の中では…
昭和10年[1935] 東京荏原青果株式会社設立
中央卸売市場・荏原分場スタート
-
昭和11年[1936] 蒲田配給所設立 2.26事件
昭和15年[1940] 青果物配給統制規則公布、統制時代に入る -
昭和16年[1941] 国を挙げての戦時統制時代 太平洋戦争開戦
昭和20年[1945] 青果物配給統制規則及び価格統制撤廃 終戦
昭和22年[1947] 東京荏原青果株式会社、第二次スタート 何よりも食が求められる戦後の復興期。
昭和33年[1958] - 国連加入
昭和39年[1964] 市場近代化への期待を担って、輝かしい繁栄の歴史がスタート 東京オリンピック開催
昭和41年[1966] 蒲田分場、新市場に移転
大森・矢口の両市場を統合
-
昭和43年[1968] 荏原従業員組合設立 -
昭和45年[1970] - 大阪 万国博覧会開催
昭和47年[1972] 世田谷市場開場
世田谷・玉川・調布の3市場を統合
-
昭和48年[1973] 世田谷市場を開設して商圏範囲を広げシェア拡大。 オイルショック
昭和53年[1978] 取扱高400億突破 日中平和友好条約調印
昭和61年[1986] 荏原市場開場50年記念式典 -
昭和63年[1988] 大和青果株式会社を合併 ソウル・オリンピック開催
平成元年[1989] 大田市場開場 荏原・蒲田市場入場
取扱高500億突破
昭和から平成へ、新元号スタート
平成8年[1996] 全印東京世田谷青果と事業統合 -
平成13年[2001] 世田谷市場リニューアルオープン -
平成14年[2002] - アジア発の第17回ワールド・カップ日・韓で開催
平成15年[2003] JA全農大田青果市場と事業統合 -
平成17年[2005] - 愛知 万国博覧会開催
平成20年[2008] 松原分場廃止に伴い世田谷市場と統合
東京荏原ベジフル株式会社を設立
北京・オリンピック開催